天領さん 大森会場(大田)

2016年10月18日 / 観光地

【天領さん 大森会場(大田)レポ①】
~石見銀山の町をねり歩く~

 

 

2017年に世界遺産認定10周年を迎える『石見銀山』で、毎年開催されているお祭り『天領さん 大森会場』に行ってきましたハ(*´∀`*)۶
町を歩けば、あちらこちらに江戸時代の装いをした町人がたくさん!!
ちょんまげや町娘かつらが渡されるなど、町民だけでなく、訪れた観光客みんなで、武士や町娘になりきり、江戸時代にタイムスリップすることができました☆

 

天領さん 大森会場のメイン企画『大盛(おおさかり)行列』は午後から行われました。
江戸の役人に扮し、銀山役人や代官様などが列なり、町を練り歩きます!!( ˙ỏ˙ )
この日はあいにくの雨。番傘をさしながらゆっくりゆっくりと下っていく大盛行列の出で立ちは、品格があり、栄えていた当時の家格や歴史、風格を感じました。

 

『大盛行列』は瓦版屋さんの威勢のいい声からはじまりました!

 

 

 

 

世界遺産になった由縁でもある、当時の建物や雰囲気が残る大森町の町並みに馴染む『大盛行列』は圧巻の光景でした。
お祭りらしい笑い声や歌声、楽しい声でにぎわっていた町が、行列がはじまると、息をのんでしまうほどの緊張感につつまれ、圧巻の一言。
これぞ本来の大盛行列なのかもしれません。

 

 

 

 

行列のとなりを一緒に歩く人もいれば、後ろから真似して歩く人もいたり、歩いているだけなのに、ついつい追いかけたくなってしまいます。

 

 

 

 

銀山役人同心が先頭を歩き、その後に代官様、裃姿の銀山役人、紋付き姿の山師が並びました。
代官様は堂々と歩かれていながらも、やさしく柔らかな表情の方でした♡

 

 

 

 

元気に瓦版を配ってい女性☆
毎年新しくなる瓦版も、当時のまま!!
まるで本物の大盛行列をみているかのようでした☆
瓦版屋さんのかけ声、そして代官様を守りながら歩く役人の姿!!!
この躍動感は見ている人々を魅了しましたー!

 

 

 

 

今回の大盛行列の終着点、町並み交流センターで、いきなり出てきた村人?が、大盛行列の音頭を熱唱!!!!

 

 

 

 

残念ながら、雨で途中までの行列になってしまいましたが、まさに当時が蘇ったような雰囲気を味わうことができとても感動です!!!!
1度は見てほしい!!お祭りです(*´˘`*)
(つづく/担当A、担当KN)


 

 

【天領さん 大森会場(大田)レポ②】
~石見銀山の町をねり歩く~

 

 

世界遺産『石見銀山』を深く知るには、ワンコインガイドツアーがおすすめ☆☆

 

銀がとれた “龍源寺間歩コース”、銀の町として今でも名残がある“大森町並みコース” をガイドさんのお話を聞きながら巡ることができますよ♪
今回は、天領さんで町がにぎわう “大森町並みコース” を案内していただきました!!
担当していただいた、石見銀山ガイドの会 渡辺さん♪宮城から石見観光で訪れていたご夫婦と一緒にガイドツアーに参加です。

 

 

大森町の入口にある代官所前の広場から、町並みを抜けていきます。
大森町は役所や役人の家が混在して建ち並んでいるめずらしい町!
所々に重要文化財に指定された建物もあり、聞いて、見て、触れることで、
歴史をじっくり知ることができました\( ˆˆ )/

 

銀が掘られていた当時に、役人が集いお泊まりになっていた場所『熊谷家住宅』。
国の重要文化財にも指定されている 歴史ある建造物です。
この日はお祭りということもあって、当時の町並みを再現したような雰囲気が楽しめました!!!
大田市のPRキャラ、らとちゃんも遊びにきていましたヽ(´▽`)/

 

 

 

 

町では地元の方が、お祭りを盛り上げていました!!
ガイドの会の方々も衣裳を身につけ元気に踊っていましたよ〜♪

 

 

 

 

老舗手作り菓子『有馬光栄堂』では、試食ができました♪
昔ながらのお煎餅のような味わいの“げたのは”は、お土産に人気の商品です。

 

 

 

 

次回は、天領さんの会場の様子をご紹介します!!
(つづく/担当A、担当KN)

 

 


 

 

【天領さん 大森会場(大田)レポ③】
~石見銀山の町をねり歩く~

 

 

銀を世界に運んでいた、江戸当時を再現したお祭り『天領さん 大森会場』☆
いつも以上に、昔の雰囲気を感じることができました。
役人が集った 大森座では、落語や琴などの音楽会が繰り広げられ、「理容遺産認定」第一号の理容館アラタでは、理容師さんが実際に立っていたりと、現代では感じることのない時が楽しめました(´︶`)ノ

 

旧大森区裁判所(大森交流センター)では、大屋神楽社中さんの熱い舞が披露されていました!
どこにいても神楽は人気♪
この日も子どもや大人の方々が夢中になっていました。

 

 

 

 

銀山が彫られた町ならではの体験『銀すくい』!!
砂の中からとっても綺麗な銀がみつかりました!
スタッフの方が優しく探すコツを教えてくださいます(^^)

 

 

 

 

らとちゃんのぬりえコーナーがありました。
ゆるキャラグランプリに出場する、らとちゃんを応援する浴衣姿の女性♡

 

 

 

 

石見銀山で昔から愛されている老舗手作り菓子『有馬光栄堂』の、1日店長♡
お客さんもついつい立ちより、試食をすすめるなどお話をしながらお客寄せ♪大活躍でした。

 

 

 

 

石見銀山ガイドの会の館では、舞踊や講談が楽しめました♪

 

 

 

 

旧大森区裁判所では、石見神楽上演やバナナのたたき売りが行われていました!!!
2束で100円とお安い!とても斬新な企画で、楽しい会場になりました。

 

 

 

 

他にも地元の方々が体験の場を設け、銀山の間歩で使われた《螺灯(らとう)》作りや、銀掘り体験なども楽しめました♪
(つづく/担当A、担当KN)

 

 


 

 

【天領さん 大森会場(大田)レポ④】
~石見銀山の町をねり歩く~

 

 

大森の町中では、地元の方々が手作りした、地元ならではの食べ物が並んでいました♪
他のお祭りでは味わえないものばかり!!
質問をすると1つ1つ教えてくださり、地元の方とのふれあいの場にもなりました。
露店は要チェックです☆☆☆
他にも食の広場では、観光客に人気のお店からも出店され、多くの人でにぎわっていましたよ(´▽`)

 

市民のお店が歩く道々に開かれていました。
石見では夏の時期によく見かける“ぼべ飯”!
宮城のお客さんははじめて見たようで興味津々な様子でした (^^)

 

 

 

 

昔、銀職人のために作られていた手子めしが販売されていました!
みなさん手子がわからないようで、手子が気になって買っていく人が後を絶ちませんでした♪
中には、大きなおにぎりが2つと漬け物。
昔では貴重な食べ物。今では定番のシャケ、昆布、梅干しがはいった贅沢なおむすびです!!
これを食べただけで満腹♡

 

 

 

 

気軽に立ち寄れる、9号線沿いにある『いずもや』さんも出店♪
アツアツの天ぷらをいただくことができました☆☆☆

 

 

 

 

雨がふった今年の天領さんは、いつもとは違う雰囲気が堪能できました。
来年の『天領さん 大森会場』も楽しみです(*´˘`*)

 

 

 

 

石見銀山は、2017年に世界遺産登録10周年をむかえます!これからも遊びにきてください♪

 

 

 

 

江戸時代に引き戻される『天領さん 大森会場』。
今でも昔の情緒が息づいてる町並み、そしてそこで暮らしている人々のあたたかさを感じるお祭りでした。
近未来化が進む現代に、大切に残されている銀の町だからこそ世界遺産に認定されたのだと、改めて感じる取材でした。
魅力的なまち大森町♡
(おわり/担当A、担当KN)

 

 


 

 

【天領さん 大森会場(大田)番外編】
~石見銀山の町をねり歩く~

 

 

世界遺産『石見銀山』を守る町 大森町の昔ながらお祭り『天領さん』♪
町が一層にぎわい、江戸時代にタイムスリップしたような雰囲気を楽しめます♪
お祭りのメインともいえる“大盛行列”は一見の価値あり!
会場が一気に臨場感があふれ、まさに代官様の高貴さがうかがえました(^^)
大盛行列では初となる、めったに見られない雨傘に注目です!

 

 

 

—————————————-
『天領さん 大森会場』 kuwasiku
〒694-0305 島根県大田市大森町イ490
TEL.0854-89-0330(大森町並み交流センター )
—————————————-

 

 


 

 

【石見☆こぼれ話】
~かつらに助けられた!ありがとう天領さん(大田)~

 

 

大田市夏の一大イベント『天領さん』♪
3会場の1つ大森会場へ取材にでかけました。
あいにくこの日は、朝から雨マーク。
お祭りのメインともいえる “大盛行列” では、この日のために前もって雨傘を用意し、大盛行列初となる雨傘をさした行列を味わうことができました。

 

雨脚が強まってくるなか、お客さんや町の方々、報道陣、カメラマンが行列を追いかけます。
カメラを片手に傘をさすことができず、、、雨に打たれながらの撮影。
そんな時!とても役立ったのが、なんとお祭りの最初に配布されたかつら!!!
かつらのおかげで、頭をぬらすことなく取材することができました~♪

 

ありがとう天領さん~!

 

(イラスト/担当N、コラム/担当A)

 

コメントは受け付けていません。

観光地